So-net無料ブログ作成

Nikon FE and MD-12 [Old camera]

1978年発売のNikon FEとMD-12。MD-12はモータードライブで、単三電池8本で駆動し、連写ができた。写真右上に写っているのが2ピンターミナルで、ここにNikon ML-1を接続し60m離れたところからリモコン撮影ができた。当時リモコン撮影というとエアレリーズを使うこともあった。エアレリーズは、ゴム球を押しつぶした時の空気圧をゴムチューブで伝えシャッターを切る道具。ゴムチューブは長さ10m、2本つなげて20mが良いところだった。
モータードライブを使うと36コマがあっという間に撮りきってしまい、フィルムを手で巻き上げる動作が撮影のリズムを作っていたことを考えると、また、マニュアルでピントを合わせていたこともあり、必ずしも良い写真が撮れるというものでもなかったと記憶している。
今でも写真を撮れると思うが、なかなか機会を作れずにいたずらに時が過ぎている。

Sale in 1978 of the Nikon FE and MD-12. MD-12 was a motor drive and drove by 8 AA batteries, and could continuous shooting. It is a 2-pin terminal that has been taken to upper right photo. It was possible remote control shooting from a distance 60m connected here to the Nikon ML-1. It was also to use the air release at the time the remote control shooting. Air release is a release the shutter tool sends the air pressure to squashed the rubber bulb with a rubber tube. Rubber tube is the length of 10m, 20m was the longest by connecting two.
When a motor drive is used, 36 frames have finished taking a picture suddenly. Action wound up film by hand was making the rhythm of shooting. Also, because I had to focus in the manual, I have memory that I always good pictures can be taken when I use the motor drive, there was no such a thing.
I think a picture can be taken with this camera even now, but I don't have the chance easily.

Nikon FE and MD-12
DSC_2622.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0