So-net無料ブログ作成

Nikon F2 Photomic [Old camera]

Nikon F2 Photomicは1971年に発売された。1974年に購入したが、そのころはNikon Fと併売されており、購入時にどちらにするか迷ったものだ。この時一緒に買ったレンズは、Nikkor-N・C Auto 24mm F2.8とNikkor-P・C Auto 105mm F2.5である。今手元にあるのは105mmでこれは今でも時々使っている。
ファインダースクリーンはP型に交換した。P型は中央に直径3mmの斜めスプリットプリズム、その周りに1mm巾のリング状のマイクロプリズム、マット面に十字線と直径12mmの線がある。斜めスプリットなので水平線や垂直線でもカメラを傾けずにピント合わせができた。
Nikon FEとNikon F2をケースなしで同じ肩にかけて歩いていたが壊れることはなかった。椅子に座って酒を飲んでいるとき、肩にかけていたF2を床に落としたことがあり、その時は、巻き上げレバーが回らなくなり、修理に出した。Nikon FEと同様、今でも動くが長い間F2で写真を撮っていない。

Nikon F2 Photomic was released in 1971. It has been bought in 1974, that time Nikon F also are sold, I did not decide immediately whether to bought either. At this time, the lens I bought together is a Nikkor-N C Auto 24mm F2.8 and Nikkor-P C Auto 105mm F2.5. I have a 105mm even now, are using occasionally.
I was using it to replace the finder screen to the P-type. P type has a diagonal split prism of the center in diameter 3mm, there is a micro prism of 1mm width ring-shaped around it, and there is a line of cross-hairs and the diameter 12mm in matte surface. Since the diagonal split could focus without tilting the camera in horizontal lines and vertical lines.
I slung Nikon FE and Nikon F2 on the same shoulder and was walking without cases, but it didn't break. When I was drinking alcohol sitting on a chair, and dropped the F2 which has slung on my shoulder on the floor. At that time, no longer rotate the winding lever, I put the camera to the repair. F2 as well as FE, although work still, I does not take photos for a long time.

Nikon F2 Photomic
DSC_2627.jpg

P-type finder screen
DSC_2640.jpg

Photomic finder
DSC_2647.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0